看護部長挨拶

新任のごあいさつ

 新元号が「令和」と決定し、済生会山口総合病院も多くの新入職員を迎え、新しい風を感じています。
 私は、4月より看護部長を拝命いたしました。何卒よろしくお願い申し上げます。  私は、平成13年より約20年にわたり、地域と当院との窓口である地域連携室や相談窓口で、他院の先生方、在宅療養を支援しておられる方、患者さんやそのご家族からのさまざまな声をお聞きすることを担当してきました。厳しいお言葉や励ましのお言葉など様々な声に、当院の医療・看護の質を高めなくてはと奮い立たせられました。また、その間にお会いした患者さんやご家族と、さまざまな人生や境遇をともに悲しんだり、ともに喜んだりすることが出来たとき、私自身が看護師である充実感をかみしめさせていただきました。
 急性期病院としての技術や能力は当然求められることであり、教育や人材育成には今後も力を入れて参ります。しかしそれだけではなく、済生会山口総合病院の「人に対する積極的な行為」そのものである看護が、あたたかい行為・やさしい行為・そして質の高い行為となるよう努力して参りたいと思います。

看護部長 江藤 京子

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 山口県済生会山口総合病院
〒753-8517
山口県山口市緑町2-11
TEL083-901-6111
FAX083-921-0714
[ 休診日 ]
土・日・祝日
病院創立記念日(11/11)
年末年始(12/29~1/3)