キャリア開発システム

キャリア開発システムの枠組

済生会山口総合病院は、救療済生の理念のもとで急性期病院として機能する病院である。
その役割を果たすためには、組織的な医療サービスの提供を行い、質を保証する取り組みが必要である。
これまで、現任教育においては、在職年数に基づいたステップ別研修を行ってきた。
平成18年度より「組織の目標と自己の目標を明確にし、組織の目標達成に向かう」という目標管理を導入し、キャリア開発の視点に立った人材の開発を行っている。
そこで、クリニカルラダーシステムと自己の目標管理を意図的に連動させて、一人ひとりの看護職が自律・成長することを目的としたキャリア開発システムの枠組みを検討した。
クリニカルラダーの基本的考え方は、パトリシア.べナーの臨床能力の習得段階モデルを参考とした。

質の高い看護を提供するための人材育成を行う

  • 臨床実践能力を評価し、次のレベル向上への動機づけを行う。
  • 看護師のキャリア開発を支援する。
  • 教育サポートの基準とする。
  • キャリアローテーションの資料とする。
  • 職務満足度の向上を図る。

※キャリア開発とは

一人ひとりの看護師が組織の目標を踏まえ、自己の能力やライフサイクルに応じて、組織の支援を受けながら看護実践能力の向上に向け、自己の目標を明確にし、主体的に取り組むこと。

※クリニカルラダーとは

看護職の臨床実践能力を段階的に表現したもの。

ページの先頭へ

キャリア開発システムのフロー

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 山口県済生会山口総合病院
〒753-8517
山口県山口市緑町2-11
TEL083-901-6111
FAX083-921-0714
[ 休診日 ]
土・日・祝日
病院創立記念日(11/11)
年末年始(12/29~1/3)