産科外来のご案内

当院産婦人科は常勤医が1名となるのに伴い、平成22年8月より分娩の取り扱いを休止しておりますが、外来での妊婦健診は今までどおりに行い、産褥乳房管理などの助産師外来はより充実させて行っていくことになりました。(詳しくは助産師外来の項を参照して下さい。)

妊婦健診について

当院で行う妊婦健診の特徴は健診のみのため、比較的ゆっくりと診察が受けられるので、妊娠に関わる色々なことをゆっくりお話することができ、子供さんも一緒に連れて来ることも可能です。また、近隣の市や他県などの里帰り分娩を予定されている方、分娩は別の場所を予定しているが、妊娠健診は自宅や職場から近い施設を希望されている方などには、当院での健診は大変便利です。
健診は妊娠経過が順調な方を対象としておりますので、健診中に異常がみつかった場合や、もともと合併症などで妊娠・分娩にかかわるリスクが高いと判断される場合などは、対応可能な周産期センターなどの高次の医療施設にご紹介します。
お産を予定している病院によっては、初期のうちに分娩予約が必要な場合がありますので予めご相談下さい。詳細については受付までお問い合わせください。

不妊外来の再開について

医師の異動に伴い休止していました不妊外来を8月より再開します。
週1回、火曜日に設け、AIH(配偶者間の人工授精)までの治療を行います。
体外受精が必要な場合は体外受精を実施している施設へご紹介いたします。

ページの先頭へ

助産師外来

当院では、分娩の取り扱いを行ってきた頃より自然分娩や母乳育児を希望されるお母さんが、快適にマタニティライフを送れるように積極的にお手伝いしてきました。分娩休止後も妊婦さんが一人一人が安心して妊娠生活を過ごせるよう妊婦健診時によりいっそう力を入れて個別にサポートしていきます。

たとえば、

  • 妊娠中の生活で注意すること(体重管理など)やマイナートラブルについて
  • 着帯(いぬの日)について
  • おっぱいのケアについて
  • 出産準備について
  • 不安なこと心配なことの相談

など妊娠生活で遭遇する様々なことについて助産師とお話をしてみませんか?

ページの先頭へ

妊婦学校

安心してお産が迎えられるよう、妊娠中の過ごし方、バースプラン、乳房ケアなどについてお話します。ご家族の方も妊婦さんと一緒に参加できますのでふるってご参加ください。

ページの先頭へ

母乳育児外来

生まれたばかりの赤ちゃんにとって必要な栄養と外部のウィルスから身を守るための免疫物質が含まれた母乳は赤ちゃんに健康と心の豊かさをプレゼントし、お母さんにも多くの恵をもたらします。母乳外来では産前に母乳で育てていく上での必要な知識をお伝えし、栄養指導を行ったり、妊婦健診時におっぱいの状態をチェックしていきます。産後、母乳の出る量には個人差があり、産後すぐに母乳がたっぷり出る人もいますが、十分に出ないお母さんも多いと思います。焦ってしまうとそれがストレスになって母乳の出る量にも影響しますし、赤ちゃんも不安になって飲んでくれなくなってしまうこともあります。当院では助産師がそういうお母さんに寄り添って、母乳の飲ませ方やマッサージの方法などをていねいにご説明します。さらに、おっぱい育児を楽しみ、育児に自信がもてる様に母乳育児における様々な悩みを一緒に考えていきます。
おっぱいのトラブルがない方でも、母乳育児の状況と赤ちゃんの体重増加のチェックを行い、おっぱいが足りているのか、おっぱいで育てることができるかなどについて一緒に考えていきます。妊娠中や産後退院されて間もない方から卒乳を考える方まで母乳や育児について悩みのある方をお待ちしています。他院でお産された方も是非母乳育児外来にお越し下さい。

ページの先頭へ

助産師外来・母乳外来のお問い合わせ等

場所 : 産婦人科外来内
日時 : 月曜日・金曜日
予約方法 : 下記問合せ先に直接電話で予約していただくか、産婦人科外来受診時に受付で予約して下さい。
      尚、乳房トラブルの対応は夜間・祝日等の救急には対応しておりません。
問い合わせ : 産婦人科外来直通 : TEL083-901-6122 (9時~12時)
      病院代表 : TEL083-901-6111

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 山口県済生会山口総合病院
〒753-8517
山口県山口市緑町2-11
TEL083-901-6111
FAX083-921-0714
[ 休診日 ]
土・日・祝日
病院創立記念日(11/11)
年末年始(12/29~1/3)